Book Zazen

書評を中心に自分の好きなことを詰め込んだブログ、光明を失った人生について書き残しておきます。

来年は何か作品づくりをしたいー令和二年十二月三十日(水)

来年は何か作品づくりをしたいー令和二年十二月三十一日(木)

もう少しで、今年が終わりますね。

今年一年を振り返り、来年を良い年にしたい。

  

今年の手帳には以下のような目標を掲げていた。

(矢印は振り返った時の感想)

 

選択と集中

●ボディ・メイキング⇒フィットネスモデルを目指す(笑)

⇒コロナでジム通いが難しかった。ジムだからこそ、思いっきり運動ができた。自宅ではやる気も出ないし、人との出会いもないし、ベンチもない。

フィットネスモデルどころか、一気に運動不足まで戻った。でも、ウォーキングとダンベルトレーニングは続けている。

 

●一人暮らしの基礎を築く

⇒結局、収入の問題に帰着する。

●本業以外で収入を得る。

⇒できなかった。今持っている資格を活かそうと考えたけど、外国との交流が途絶えたのが大きかった。

⇒結局、職業の問題に帰着する。

 

現在の仕事をしている限り、モチベーションや待遇の面でこのまま変わらない。

ただ、FIRE(Financial Independence Retire Early, 経済的独立し、早期リタイアする)のムーブメントを知ったことは収穫であった。

クリスティー・シェンやJ.Lコリンズらの著作を読んだ。子供のころに読みたかった。この点を生活で実践し、記事でも書いていきたい。

 

部分的にでもいいから早期退職・シンプルライフを貫きたい。

 

日本語⇒英語の翻訳をできるようにする。

佐伯啓思氏や呉智英氏らの本を英訳する実力が欲しいと思ったが、取り組めなかった。反省。

 

ブログで知的貢献する。

⇒う~ん。どうでしょう。今年は、うまく時間を割けなかった。でもそれは言い訳に過ぎない。来年こそは、もっと早く的確に問題の所在と意見をかけるようにしたい。反省。

 

 

 来年こそ、何か作品づくりをしたい。自分の名刺代わりとなるもの。

生きた証が残るもの。自分の考えが詰まったもの。

 

 

良いお年を!