Book Zazen

書評を中心に自分の好きなことを詰め込んだブログ、光明を失った人生について書き残しておきます。

神道と京都学派の接点ー西谷啓治全集の月報について

神道と京都学派の接点ー西谷啓治全集の月報についてー令和元年8月19日(月)くもりのち雨

 

須磨で始まった夏休み。コパトーン塗りまくりの夏休み。CYBER JAPANの「スキスキスー」を聴きまくりの夏休み。最後に真面目なことを記しておきたい。

 

西田幾多郎及び京都学派と神道の接点は、今日でも謎である。

というのも、西田及びその門弟たちは親鸞あるいは禅仏教についての言及、あるいはキリスト教ないしは中世神秘主義などへの言及が主で、神道への言及についての印象は薄い。というより、戦前の「国家神道」、古神道などを意識させる「神道」は、折口など一部のものを除いて、彼らの軽蔑の対象として存在していたのではないかという疑いの念を私は持っている。

その代理戦争として平泉澄氏と鈴木大拙氏氏については、以前に少し書いた。

 

book-zazen.hatenablog.com

 だが、神道は我々の精神史を考究する上で欠かせないし、日本を代表する哲学者ないしはその学派が、日本の深部にある神道と良好な関係ではなかったとしたら、日本人にとって不幸なことと言わざるを得ない。

 

部屋の整理をしていたら、そのわずかなヒントとなるものが出てきた。

 

出てきたのは西谷啓治全集の月報のコピーなのだが、何巻のものかメモしていなかった。全集の月報というのは、縁のある人々によって、書かれた回想や考察などが書かれた冊子のことである。

 

私が取り上げたいのは神宮少宮司幡掛正浩氏による回想である。

タイトルは「学問の本筋ー西谷先生に教はつたこと」で、昭和42年12月に開催された神道研究国際会議で西谷啓治が講演した内容から始まる。

 

内容に入る前に神宮少宮司・幡掛正浩氏について私が知っていることを記しておきたい。

 

まず、昔伊勢神宮の内宮を参拝したときに、休憩所の売店においてあったパンフレットで幡掛正浩氏をしっかり認識したと記憶している。このシリーズのほかの巻も含めて、パンフレットに登場する人物としては所功氏、百地章氏、大原康男氏など、何らかの形で神道に関係している大学人であることがわかる。

 

そして既にこのラインナップと、現代の西田哲学研究の主流派あるいは、京都学派研究の主流派とが、思想上かかわりの薄い、ないしは敵対するものがあるということがお気づきになるだろう。西田幾多郎を高く評価する佐伯啓思先生の講演会において、私が質問したのはこの点であった。

 

book-zazen.hatenablog.com

私がその史論を敬する葦津珍彦氏の選集第三巻にも幡掛正浩氏の名前が見える。(もし同一人物でなかったら訂正します)

 

「日米外交関係の急迫して来た昭和十六年晩秋のころ、冷たい雨の降る夕であった。私は、渋谷駅の改札口で、幡掛正浩君(義弟)とともに井上孚麿先生をお迎えした」(「剛直な法学者 井上 孚麿先生」『葦津珍彦選集(第三巻)ー時局・人物論』神社新報社、平成八年所収、605頁)

 

宮崎神宮のHP(https://miyazakijingu.or.jp/publics/index/32/detail=1/b_id=128/r_id=336/)に「宮崎神宮宮司 黒岩龍彦大人命」という一文があり、葦津氏と幡掛氏とが福岡県の神職の子弟として交流があったことが書かれている。

 

またネット検索してみると、井上 孚麿氏の親戚筋にあたると思われる医師の方が、HPを立ち上げている。

外部リンク:http://drhasegawa.com/hajime/hajime.htm

 

月報に戻る。

神宮少宮司幡掛正浩氏による回想である。

「学問の本筋ー西谷先生に教はつたこと」

<要約>

西谷啓治神道系の学会に初めて(?)の出席。その時の印象などが書かれている。

・西谷曰く、仏教学界も神道学界も史的・考証学ばかりで、哲学的思索に乏しい。

・自分(幡掛)は、九州の小さい神社の十六代目にあたり、神職になることは運命であった。

・ところが、旧制高校に入り、京都帝大に進み、文学部の哲学科で宗教を学んだ。

・戦後の神社界の人々とは、派閥も学問の筋もだいぶ違った。

京都大学の哲学科で学んだことが自信となった。

・在学時代、宗教学の主任は波多野精一西谷啓治久松真一と変わっていったが、一番影響を受けたのは西谷だった。

・幡掛氏が思うに、神道は「物にゆく道」だから「ことあげ」しないのは当然だが、事実考証にとどまっていてはいけない。

国学院は、戦前に訓詁考証が万能だったから、その反動として民俗学が盛んになった。

・若き日、西谷に言われた「意味」や「志向」を考えることの大切さを忘れていない。

・謹呈した著作『食国天下のまつりごと』に対する西谷による返信について、「小生が普段漠然と考へてゐること、筋の同じことが多く・・・」という点など励ましの便りだと受け取っている。

 

「接点」などと書いてしまったが、ここから先、どのように考察を進めていけばいいのか。どの道、研究環境が整っている研究者にもっていかれそうだが、この問題意識はあくまでも私自身の内面から出てきたものである。それは以前の記事にも書いてあることから明確だろう。

 

結論が出ないのだが、少しずつ蓄積されていくこともあるかと思い、記しておく。

 

「捨てるのがいつも先」ー鍵山秀三郎氏『人生の作法』(PHP研究所、2009年)ー令和元年8月18日(日)晴れ

「捨てるのがいつも先」ー鍵山秀三郎氏『人生の作法』(PHP研究所、2009年)ー令和元年8月18日(日)晴れ

 

夏休みの終わりに、書類・パンフレット・レジュメ・本などを処分した。

河野玄斗氏『シンプルな勉強法』(KADOKAWA、2018年)も売りに行った。250円で売れた。

 

book-zazen.hatenablog.com

 鍵山秀三郎氏『人生の作法』(PHP研究所、2009年)も良い本だが、しばらく読んでいないから処分しようかと考えて読み直したが、やはり得られるところが多く、保存することに決めた。

 

「もの探しに費やす時間を削減する」と題された章は、自分のごちゃごちゃした部屋を整理するうえで参考になる。

 

<要旨>*は私のコメント。

・モノ探しに費やす時間は無駄の代表格だ。

・モノ探しの時間を減らすコツは、要るものと要らないものを分けることだ。

・迷うものは、心を鬼にして捨てよ。

・いま使わないものを、後々頻繁に使うようになることを聞いたことがない。

・摂理=思い切って捨てれば、必要な時に必要なものが手に入る。

*当面の仕事の集中すれば、新たなことを学んだり、新しい教科書を買うお金も、学び直す時間もできると信じたい。そのためには身軽にして、フットワークを軽くして、稼げる方向に動いていかないといけない。モノでごった返していたのではだめだ。

・順番は、捨てるのがいつも先。

・要るものは、置き場所=住所を決めておけ。

 

この一節を読み返しただけでも、参考になったので、当分の間は保存しておきます。

 

『めぞん一刻 第10巻』について -令和元年8月17日(土)晴れ

めぞん一刻 第10巻』について-令和元年8月17日(土)晴れ

 

めぞん一刻』というマンガはご存じの方が多いと思う。作者は『らんま1/2』や『うる星やつら』などの作品がある高橋留美子さん。

 

私の小さい頃は、アニメ化されたものの再放送(だったと思うが)がやっていて、何度も見たことがあった。TVの再放送では、同じ回が何度もやっていたりして、その後どうなったのか結末を知りたかった。

 

いつの頃だったか、『めぞん一刻』(小学館、1993年)の第10巻だけを購入して、読んで見たことがある。私の持っているワイド版の表紙は、「管理人さん」の音無響子さんの白無垢姿である。

 

上京してきた五代君の下宿先の「管理人さん」が、音無響子さんであり、物語はこの二人のラブストーリーを中心に展開される。

 

管理人(響子)さんは、かつて「惣一郎さん」という夫がいたのだが、病気で亡くした過去を持つ。10巻を読むかぎり、相手の実家所有のアパートを管理して生計を立てていた。夫の両親は、響子さんの将来のことも心配してくれるやさしい夫婦である。

 

亡くなった惣一郎さんを思い続けながらも、五代君のやさしさに惹かれていく管理人さん。でも、そんな自分が許せなくて、独特の物憂い雰囲気が続く物語。

 

五代君も、響子さんもお互いのことを想いながらも、なかなか近づけない。ほかにも登場する男女の織り成す人間模様が余計に二人の関係を難しくする。

 

五代君は、キャバレーでアルバイト(店で働く女性の子供を見てあげたりする仕事で、「部長さん」と呼ばれていた。)しながら、当時の保母試験を受け合格した。誤解、ためらい、迷い、思いが堂々めぐりする中でも一歩ずつ近づいて行き、やがて二人は結ばれる。心も身体も。

 

結婚が決まった。それぞれの相手の両親にも挨拶は済んだ。でも惣一郎さんの遺品を整理していると響子さんの涙が止まらない。でもそれも今の二人を結び付ける縁として生きているものだから。五代君は相手を大切にできる人だから。

 

結婚に至る過程や家族・親族・女性同士の会話など私にも納得できる感覚であり、深刻な話からギャグ、ギャグから深刻な話へと移り変わる物語を輪郭やさしく、でもコミカルに描き切った。

 

家族、友達、過去、現在、未来など、織り成す人間模様の中にいる自分。勝手気ままに生きればいいというものではない。でも、自分の気持ちも大切に、忠実に生きたい。そんな女性におすすめできる物語である。

 

 

 

 

 

 

大学の卒業アルバムー令和元年8月16日(金)晴れ

大学の卒業アルバムー令和元年8月16日(金)晴れ

 

部屋のそうじをした。大学の卒業アルバムを見た。まだ10年も経っていないのに、ずいぶん遠くに感じる。あれからずいぶん境遇が変化した。

 

でも、もうすぐ10年だから、みんな一山越えて、次の進路を模索している時期かも知れない。あとから見ると、在学時期がぎりぎり重なっていた(のか、重なっていなかったのかぐらいの)女子アナもいたが、その人は局アナもやめてフリーになっている。そんな年月が流れている。でも一度就職することで、知名度が上がり、その分野の能力を身に着けているので、次が見つかるのである。

 

自分は職場の新入りとして入り、また新入りとして入りの繰り返しで、何ら成長していない。本の著者の経歴を眺めていると、学術系の人は除いて、多くの人が就職した先で何か社会にアピールできるものを身に着けて飛躍している。自分にはそんなチャンスはなかった。

自分自身の力だけで飛躍する人もいるが、同じ努力をしても境遇に左右されることは否めないと思う。

 

主だった人は、自分なりに進路をつかみ取り、社会人として成長し、次のステップに進み、あるいは、同じ場所でより大きな責任を担う者へと成長している人もいるだろう。子供の時には考えられなかった家、車、家族を手に入れる人も多いだろう。

 

歳取ってから大学に入学した自分だから、最初から就職のことは考えていなかった。よくみんな若いころから自分の進路を考えられるなと思っていた。自分はまずこの人生を生きるかどうかを考えていた。実存に足を取られていた。

 

資格を取って自営業しか無理だと思っていた。でも、司法試験には受からなかったし、行政書士だけではなかなか事務所を構えるところまでもっていくことができず、知識労働を望む私だが、軽作業も同様の下働きを繰り返し、本当に屈辱の日々を過ごしてきた。もうこの先一生この屈辱感が消えることはないだろう。本当に屈辱だった。

 

もちろん若くてそれなりの大学を卒業したからみなが「幸せ」というわけではないことは言うまでもない。だが、私のようなものの就業環境に較べれば、はるかに恵まれたものだと言わざるを得ない。

 

自分には自分なりの経緯があって、今の境遇に陥った。だから、なんとも言いようがないのだが、やりきれない毎日がこれからも続くのかと思うと、苦しくなる。

 

屈辱感だけが育っていった卒業後の日々。あれからの境遇の変化に、苦しくなる日々。気持ちが晴れたのは2回ぐらいしかなかったこの人生。屈辱感だけが残り、灰になる。

TV・新聞雑感ー令和元年8月16日(金)晴れ

TV・新聞雑感ー令和元年8月16日(金)晴れ

 

台風のせいで家の中で過ごさないといけないストレス。

といっても、ジムには欠かさず行った。

須磨に行ってからもう1週間が経つ。部屋の整理をもっとしないといけないのに、できていない。最悪だ。

 

誰も話す相手がいないから、TVや新聞についての雑感を記す。

 

 

 

日経 8月12日(月)6面 オピニオン欄

COBOLに罪はない」論説委員長 原田亮介氏

 

プログラミングを学習する際の1つの楽しみは、言語選びだろう。どの言語にするかな?平均年収はいくらかな?かっこいいかな?などスケベ心が躍動する瞬間だ。

 

だが、結局業務を手順に落とし込み、その言語でプログラムを書けなければ、何を学習しても同じことだ。Cやjavascriptを習っても何も書けない私が言うのだから間違いない。

 

昔、Webデザインを学びに行ったとき、年配の男性が講師に「いままでに何かプログラミングされたことはありますか?」と尋ねられて、「仕事でCOBOLを・・・」と言っていた。すると講師は「これはまた年代ものの・・」みたいなことを言っていた。

 

この記事ではデジタルトランスフォーメーションが要求されるこの時代には、トップ自らが情報戦略に関与せよという話に関連して、COBOLJAVAに次いで、システム案件を受注数が多いとの話をしている。言語と関係ないが、厚生労働省で統計不正があった際の毎月勤労統計のシステムもCOBOLで書かれたものだともいう。

 

へー。なるほど。タイトルのようにCOBOLに罪はない」。私も何とかもっとITを勉強して、仕事に活かせるようにしたい。

 

8月15日 NHK教育

フランケンシュタインの誘惑 脳を切る “悪魔の手術”ロボトミー

NIRVANAがF・ファーマーのことを歌った曲で、ロボトミー手術のことを知ったか、手塚治虫が抗議を受けた件で知ったのか、思い出せない。

でも最近10代の時に聴いていた音楽をもう一度聴き直して、NIRVANAのことも聴き直せるようになったから(昔、聴きすぎた音楽はなぜかそのあと聴きにくい)、本でも調べてみようと思っていた矢先、TVの特集でやっていたので観た。アンテナを張っていたら、目に入ってくるのだろう。『ロボトミスト』という本も大学図書館にあったが、分厚く購入しないと読み通しにくいと思っていたが、主題に据えるものではないので、ひとまずドキュメンタリーでよいと考えた。手術の対象がどんどん広がっていくのは、断種などと並んで恐ろしい。苦しんだ方に合掌。

 

 

TV:皇宮警備官の新人教育

萩から帰ってきた7月中旬の週末だったと思うが、朝のTVニュースで皇宮警備官の新人教育に密着したコーナーがやっていた。

社会人1年目。ジュラルミン(?)の重たい盾を何時間も持って訓練をする。皇宮警備官としては重要だが、機動隊などは別として、ほかの職種だと盾を持つ訓練は何の役にも立たない。だから2~3年で辞めるともったいない。そういうものが社会には多い。漢字でも学校の先生なら書き順が正確でないといけないが、クイズ番組では読み・書きができれば賞賛される。職場にはその職場でしか役に立たないことが多いが、通過儀礼として新人期間を終えた人間として認められることに意味があるのだろう。

私にはなかった期間。なんの新人教育も受けることができなかった。また自分でもその心構えを、若いころに形成することができなかった。

がんばれ。新人。(人のことを心配している場合ではないが・・・)