Book Zazen

書評を中心に自分の好きなことを詰め込んだブログ、光明を失った人生について書き残しておきます。

日経整理&週刊ダイヤモンド・2019/6/1号「コンビニ地獄」ー令和元年5月27日(月)晴れ

日経整理&週刊ダイヤモンド「コンビニ地獄」2019/6/1号 -令和元年5月27日(月)晴れ

  

今日からまた仕事ですね。今日は定時に帰れました。

最近、日経整理の記事を書いていなかったけれど、今日は書きます。

 

2019年5月24日(金)15面企業欄「調達100億円 夢の終わり」

 

カジュアルな格好でプレゼンををして 大金を投資してもらい事業を成功させる。

社会に出ると圧倒的な実力差に悔しい思いをしてきた。でも、やはりうまくいかないこともあるようだ。

 

自動で服を折りたたむ製品を開発していたセブン・ドリーマーズが31億81千万円の負債を抱えて破産したという。ユニクロのエアリズムみたいなすべる素材を扱うことが難しかったともいう。ソフト面での開発難航がたたり、追加出資する企業もなく撃沈したようだ。

プリファード・ネットワークスのような今をときめく企業があるかと思えば、セブン・ドリーマーズのようにおもしろいことをやっているが、撃沈する企業もある。

 

すごいな。俺はこういうチャレンジ精神が好きだ。失敗しても、何もしなかった人より、死ぬ前に後悔しないだろう。

 

日経(外部リンク):

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45142750S9A520C1TJ3000/

 

週刊ダイヤモンド・2019/6/1号「コンビニ地獄」

今日の日経を見て、購買で買ったのが週刊ダイヤモンド2019/6/1号「コンビニ地獄」。

ニュースや新聞でよくやっているが、24時間を前提に組み立てられた現在のコンビニのモデルを、どのように変化させていくのか、いかないのか興味があった。

 

自分がコンサルならどうする。具体案が全然浮かばないから、コンサルにはなれないが、でも後追いして理解することはできる。そしていつか自分でも課題解決できるようにする。

 

その他、揚げ物の管理・清掃工程とか、おでんの管理の話とか、コンビニでほとんど買い物しない私にも興味深い。

https://diamond.jp/articles/-/203516

 

今日、仕事帰りに久しぶりに吉野屋で牛丼を食べたが、新人バイトに怒らず、苛立たず、的確に教えるベテラン社員に感心した。コンビニの店員も吉野屋の店員も社会のしわ寄せを受けていると思う。たかだか、500円ぐらいの買い物で、客に従属させられているような感覚。私もサービス業の経験があるから、気持ちは分かる。だからもっとつゆだくにして欲しくても、忙しいときは我慢して、こっちも怒ったりはしない自制心を身に付けた。これは社会に出た賜物だと思う。昔ここで注文を取り違えて店員に偉そうに怒りまくっていた男がいたが、あんな忙しいんだぜ。無理もないよ。

 

でも、そんな中でも新人の女性に怒らず的確に指示を出すベテランのおっさんに関心した。セクハラとかもないように祈りたい。

ちゃんとしていれば、誰かが見ているものだな。それが報われるかどうかは別として。明日も仕事なのでおやすみなさい。