Book Zazen

書評を中心に自分の好きなことを詰め込んだブログ、光明を失った人生について書き残しておきます。

日経まとめ&世界柔道 令和元年8月27日(火)

日経まとめ&世界柔道 令和元年8月27日(火)

 

最近日経を読み流していたことが多かったが、久しぶりに面白い記事が多かった日だったので、仕事終わりだが、今日の内に記しておきたい。

 

世界柔道選手権東京大会

その前に、世界柔道選手権の感想から。

大野将平選手の男らしさはいい。有言実行で素晴らしい。

一方で、女子57Kg級の芳田司選手も凄い。格闘センスのある柔道だ(と書いてしまったが、基本でつなぐオーソドックスな柔道であった。でも、芳田選手の柔道スタイルが好きである。団体戦を見てもその感想は変わらない)。次から次へと着実に技をつなぎ、関節技につなげていく。ヤワラちゃんでもそうなのだが、女子柔道の選手は、見た感じ強そうには見えない。むしろ地味な女性にしか見えないのだが、どこにあんな闘志を秘めているのだろう。

幕末の志士でも吉田松陰橋本左内は、西郷隆盛篠原国幹らのような「豪の者」ではなかった。でも内に秘めたる意志はすごかった。女子柔道を見ていると、そんな人物がいるということに現実味を与えてくれる。

 

日経新聞 令和元年8月27日(火)朝刊

スポーツ欄「リアル・スラムダンク①」

NBAプレイヤーとなった八村塁選手。自分の夢を信じて進んで行った人。頑張って欲しい。父親はベナン出身だという。

読み進めて行くと、「日経アジア・アフリカ感染症会議2019」の全面広告が掲載されていた。

 

全面広告「日経アジア・アフリカ感染症会議2019」

現代社会における感染症の問題、特にコンゴエボラ出血熱や第3回野口英世アフリカ賞受賞者の講演(タムフム氏(コンゴ民主共和国)、オマスワ氏(ウガンダ共和国))などが載っていた。ベナンは、国こそ異なるが野口英世が黄熱病のため訪れたガーナのアクラから比較的近い場所。

・WHOシニアアドバイザー 進藤奈邦子氏のインタビュー

・エボラ熱流行のコンゴでのワクチン戦略の記事

・2015年韓国でのMERS流行時の経済的損失の記事

⇒私:現下の日韓対立下で、同様の事態が発生したら、どのように対処するのが適切だろうか。

 

などなど盛りだくさんで、細かく記事を追う時間はないが、進藤奈邦子氏の「日本は国民の健康意識が高く、感染症も極めて少ない」との言葉を「本当かいな?」と考えながら、帰り道で歩きタバコの男に煙を吸わされながら帰る。歩きタバコの男。本当に多い。

 

その他、信用金庫の記事、RPAの有効性と失敗例など、勉強になる記事が多かった。

 

感染症対策は、軍事災害対策と並んで私の興味の対象であるが、全く何のキャリアを積んでこなかったという分野だ。