Book Zazen

書評を中心に自分の好きなことを詰め込んだブログ、光明を失った人生について書き残しておきます。

歌詞「苦しみの手 救いの手」by Yoheiー令和元年9月22日(日)くもり

歌詞「苦しみの手 救いの手」by Yoheiー令和元年9月22日(日)くもり

 

今日、購入したいと思えるギターに出会った(1本目は25年前に買った)。値段的にもOKだ。いくつか候補があるが、エレキ・ギターは最後には見た目が気にいるかどうかだと思う。そのギターを持っていてかっこいいと思えるかどうかが大事だと思う。自分の心を慰めてくれるものだから。

徐々に昔の音楽人生を取り戻してきている。これはいいことだ。どうせ野垂れ死にする人生だ。昔、持っていたストレイ・キャッツSTRAY CATS」も輸入盤で買い直した。もう好きなものに囲まれて死んで行くしかないそんな人生を、曲をつけて歌っていきたい。タイトルは変更するかもしれないが、歌詞はこれでいい。気に入らなきゃ、ページをかえてくれ。

 

歌詞「苦しみの手 救いの手」by Yohei

 

ふさがれた すべての逃げ道を

つぶされた やってきたことの全てを

 

どうしていつも ここからなのか

積んでは崩れ 心は折れて

 

頭の中から声が出る

耳の底から血がたれる

 

うまくやってる奴らを尻目に

毛穴の中から血が飛び出す

 

ふさがれた 心の逃げ道を

つぶされた やってきたことの全てを

 

踏みにじられ あざけわらわれ 踏みつけられ 俺は窒息する