Book Zazen

書評を中心に自分の好きなことを詰め込んだブログ、光明を失った人生について書き残しておきます。

年収・年収・年収ー来年こそは 令和元年12月31日(火)&令和二年元日(水)寒い

年収・年収・年収ー来年こそは 令和元年12月31日(火)&令和二年元日(水)寒い

 

f:id:Jing-Ring:20200101212921j:plain

令和元年12月31日 年越しそば

もうすぐ今年が終わろうとしている。だから、何なんだ。

いや、来年40歳になるんだ。

自分にとっては、大きな意味がある。

ネクスト・レベル系>

ネクスト・レベル」に引っかかる方も多いと思うが(笑)、自分なりに盛り上がるので書いておく。

ビジネス英語をネクスト・レベルへ

*現在の職で得られた経験で、業種を超えて通用するのは、ビジネス英語と仕事・人間関係ともに悩んだ経験だけだろう。

ボディ・メイキングをネクスト・レベルへ

*ここ数年で成功したのは、唯一ボデメイキングだと言ってもよい。これだけだ。神様がいまこの道に集中しろと言っているのが明らかなぐらい

 

次のステップに行くためには、自分だけではなく、人に教えられることが大切だと思うので、自分がやってうまく行った方法を、令和二年は記事にしてみたい。

レーニング頻度、ウェア、ギア、サプリメントなど

参考書、参考動画などなど

 <トキメキ・ワクワク系>

「トキメキ・ワクワク」という言葉をおっさんが使うことに引っかかる人もいると思うが(笑)、これは大切な感情だから、恥ずかしげもなく使わしてもらう。

メンズ・アクセサリー、メンズ美容関係

*「アンチ・エイジング」的なものも含む。容姿は男性にとっても重要だと考えるから。

音楽 

エレキ・ギターを再開して、作詞・作曲をして、発表する。

QBASEなどの音楽系ソフトを使う。

DJセットを購入する。

アナログ音源を再生させる環境をつくる。

 

 

<年収レベルを上げていく>

とにかくこれが今の一番大事なこと。

研究をしていたころからだいぶ遠くへ来たな。

金川顕教氏(公認会計士から経営者へ)、船ケ山哲氏、藤田田氏(日本マクドナルド)など「成功哲学」ばっかり。ある程度予想していたが、ここまで寄っていくとは、予想していなかった。研究者を目指していた頃は、経済のことは渋沢栄一本多静六ぐらいのものだったが、藤田田氏を読みようになるとは。

でも、社会人としては、本田直之氏のような「ノマド・ライフ」を目指して行動する。

 

 

そんな俺に「成功がすべてですか?」という平井堅の曲が突き刺さる。

www.youtube.com

 

週末起業をする

新しいビジネスを始めるにあたって、法律の知識は役に立つ。商取引法、労働法、国際私法など。習ったことをこれから活かしてやるし、そのチャンスを自ら作っていかないといけないと考えるようになった。

 

自分の経歴から言っても、既存の企業の中で、重要な地位に就くとは望みえない。自分でやっていくしかない。素よりそのつもりだったのだが、生活に追われて、こんなところに迷い込んだ。

 

ここ数年間の勉強を、40代を前に、やってみたいと思う。

  

 

●1週間にいくつかのことをしようとすると、当然時間と体力が必要となる。

そこで、健康的で精力的な生活が必要となってくる。そのためには、ここ数年、不遇の時代に培った健康法で、早寝・早起きして、自分のために時間を使える時間を増やすしかないのである。幸い、身体だけは元気だ。

 

<ライフ・ワーク>

音楽もライフワークとして現実化させるが、私の「生活」から「思想」の問題がすっぽり抜け落ちている。これは私が40歳を目前に「生活者」となったからに他ならないし、かつての学生運動世代だって、生活に追われ、子を持ち、親となり、子が孫を生み、 老人ホームに入り、やがて死を迎える。生老病死は人間の常である。それは「思想」よりも、「生活」の場で起きる。

でも、自分の内奥にあった思想や想い。これを形にせずに亡くなっていったら、いままで何のためにちがう道を歩んで来たのか分からなくなる。だからこれは譲れない。