Book Zazen

書評を中心に自分の好きなことを詰め込んだブログ、光明を失った人生について書き残しておきます。

ある禅会の季刊誌ー令和元年11月22日(金)

ある禅会の季刊誌ー令和元年11月22日(金)

f:id:Jing-Ring:20191123111639j:plain

天龍寺の達磨絵

先日、ある禅会の季刊誌が送られてきた。修士課程時代に、一度訪ねたことがある会だ。もちろん今も興味はある。

 

自分は熱心に坐禅に打ち込んだことがある訳ではない。だが、私が知った時にはすでに逝っておられたその会の師家。著作に感動して、その人の生き様に憧れ、思想形成に憧れた。

 

そしてそのような道に進んでいると思っていたし、自分でもその自負があった。

だが、所詮思い込みに過ぎなかった。

 

今の自分は何なんだろうか。

社会の末端に位置し、本当に目も当てられない状態。

 

みじめな上に、みじめな人生の上塗りなのである。

波に呑まれて目も当てられない状態。

情けない。