Book Zazen

書評を中心に自分の好きなことを詰め込んだブログ、光明を失った人生について書き残しておきます。

開かれた社会とその敵とは?ー令和二年十月十七日(土)雨

開かれた社会とその敵とは?ー令和二年十月十七日(土)雨

ポパーについては言い古されたジョークがあった。『開かれた社会とその敵』は『その敵の一人によって書かれた開かれた社会』という題にすべきだった、と。」

There was an old joke about Popper: The Open Society and Its Enemies should have been titled The Open Society by One of Its Enemies.

(ジョン・ホーガン(竹内薫訳)『科学の終焉』徳間書店、1997年。

John Horgan "The End of Science" BROADWAY BOOKS, 1996)

  

 

カール・ポパーは、オーストリア出身の哲学者。科学哲学に優れ、社会哲学においてはファシズム共産主義などの全体主義に対する「自由な社会」の擁護に力を尽くした。

 

『科学の終焉』の著者ジョン・ホーガンはアメリカの科学誌「サイエンティフィック・アメリカン」の専属ライターで、本書は著名な科学者を中心にインタビューしたもの。

 

独断主義や全体主義を嫌ったポパーの評判は、

 

「独断主義を痛烈に非難したポパー自身が、病的なほど独断的で、学生たちに忠誠心を強要している」(58頁)

 

というものだった。

 

本に書かれてある内容や自己主張と、実際の著者の人格は、まずもって別なのである。

 

学校の礼儀が嫌いでライブハウスに出入りしたら、先輩バンドの方が偉そうだったなんてことはありそうな話だ。

 

「酒は飲んでも呑まれるな」。学者やその著作への距離の取り方は、学ぶことと同じぐらい大切なのである。

 

book-zazen.hatenablog.com