Book Zazen

書評を中心に自分の好きなことを詰め込んだブログ、光明を失った人生について書き残しておきます。

藤原書店ブッククラブ入ると得なのか?ー令和2年9月13日(日)

藤原書店ブッククラブ入ると得なのか?ー令和2年9月13日(日)

 

藤原書店と言えば、1989年に創立ながらも、フランスの歴史家ブローデルや、その影響を受けた社会科学者のウォーラーステイン(「世界史システム論」で有名)、我が国で言えば、後藤新平関連の著作を筆頭に、E・トッド、アナール学派レギュラシオン学派などの作品も加え、文明論的な価値のある著作を出版している。

 

その藤原書店には藤原書店ブッククラブというものがあり、年会費2,000円を支払えば、PR誌の送付や、送料無料での商品購入、さらに購入した商品の10パーセントのFBC藤原書店ブッククラブ)のポイントが還元されるという。

 

準会員というものもあり、これは年会費不要で、5パーセントの還元が受けられるという。

 

本を置くスペースと購入するお金があれば、ブローデルの著作などたくさん購入したいと思っているから、少し考えて見た。

 

まず、会員になるのは年会費2,000円必要だから、10パーセント還元だとして、20,000円分の購入をしないと本代のもとが取れないことになる。ブローデルらの著作は1冊1冊高いから、本格的に読み始めたらそれぐらいすぐ行くだろう。準会員でもよい。

 

ただし、一番の問題は、購入後にポイントが還元されるということだ。

購入時に5~10パーセント割引ではない。それだったら一番良い。

 

楽天ポイントなどとちがって、FBCのポイントは藤原書店の本以外に使い道がないので、最後の購入の後に還元されたポイントの使い道がない。これがネックだ。

まあ最後は少額に抑えて購入すればいいか。

 

 

本を置くスペースと購入するお金があれば、入って見よう。