Book Zazen

書評を中心に自分の好きなことを詰め込んだブログ、光明を失った人生について書き残しておきます。

PALM "To Live Is To Die, To Die Is To Live"を読む

 PALM "To Live Is To Die, To Die Is To Live"を読む

優れた人間は生活ではなく 人生を生きるって

誰かが言ってたな

どっちもままならない 今の俺はなんなんだ?

 

Somebody said that a good person doesn't just live, they live their life

Which is it? Neither what I am

 

(lyrics by Toshihiko Takahashi)

 

www.youtube.comPALMの3rdアルバム "To Live Is To Die, To Die Is To Live"から、同名の曲の一節である。

Youtubeのリンクでは30:55)

 

単に生きているだけの「生活」と有意義なことをしている「人生」を区別し、そのどちらもできていない自分を嘆いている。

 

そんなこと分かっていると言うだろう。でも、大阪のアメリカ村から飛び出したハードコアバンドが歌うと独特の深みがある。

 

アメリカ村に憧れを持っていた頃から、約25年が経った。あの頃はミュージシャンとして生きていくことに憧れをもっていた。同年代も、もちろん子供だった。でもいまはちがう。同年代には親となって子供がいる奴や、社会的に「成功」している奴もいる。

 

生活の苦労も知ったし、敗北を何度も味わった。

吹けば飛ぶような収入、希望の進路を閉ざされた人生。

 

「どっちもままならない 今の俺はなんなんだ?」という歌詞と、ダークな曲が深く胸に突き刺さる。

 

ライブハウスで見たヴォーカルのような激しい人生は送ってはこなかった。タトゥーも入れてない。

 

だがそれなりに戦ってきた人生だったと思う。考えたし、努力したし、汚いことはしなかった。自分を貫いてきたとも思う。

 

だが、吹けば飛ぶような収入の生活、希望の進路を閉ざされた人生。「どっちもままならない 今の俺はなんなんだ?」

 

もうすぐ30代が終わる。

初めの2~3年はよかったが、それから今に至るまで、真っ暗闇だ。

そんな俺にドスンとこの曲が響いていくる。

本当に俺みたいな奴はいなくなった方がいいんではないか。