Book Zazen

書評を中心に自分の好きなことを詰め込んだブログ、光明を失った人生について書き残しておきます。

ゴールドジム初心者講習会 まとめ 令和元年11月3日(日)

ゴールドジム初心者講習会 まとめ 令和元年11月3日(日)

自己嫌悪している間にも、なんとかゴールドジム初心者講習会を消化しました(笑)。

 

一番勉強になったのは、フォーム

一番勉強になったのは、フォームのことでしょうか。

自己流でやっていた時には、重量を無理して上げていって、筋肉に効かせるもんだと思っていました。でも、初心者講習会の成果は、フォームがきちんとしていれば、低重量でも効くということでした。

レッグプレスの体勢、ラットプルダウンで背中を倒す意味、

ダンベルサイドレイズでの肩への効かせ方、ケーブルプレスダウンでの上腕三頭筋への効かせ方など、自己流では出来ていなかったことができるようになったので、勇気を出して一歩踏み出した甲斐があった。フォームの習得が最大の収穫でした。

 

 

感動した点

ロッカーで、カードキーがうまく使えず、焦っていた時に、まわりの2名が親切に助けてくれました。特に2人目の若者は、アメフトやってるような体格でありながら、他人を見下さず、親切に接することができる青年でした。素晴らしい。感動した。

 

 

マイナス面

これは店舗によってことなるのかも知れませんが、気が付いたこととして以下のものがあります。

・ジム内の汗くささ・・・オシャレなイメージとはちがう男くささ(泣)。

・ウェス(マシンの汗を拭きとる布)がボロぞうきん・・・これでよく女子から苦情が出ないなと思います。

・アンケート記入の際、トレーナーさんが目の前にいる。相手が書きやすい環境を作った方がいいです。

・トレーナーによっては、こちらがやりたい種目の希望を伝えると、理由を述べずに、「まだ早い」みたいな感じで、難色を示すような表情をする方がいる。ちゃんと理由ともに説明してくれたら、こちらも納得するのに。

・トレーナーによっては、別のジムと並行して通っていることに難色を示すような表情をする。

 

まとめ

ゴールドジムと言っても、本当にボディービルダーのような人は少数で、老若男女いる感じでした。怖がらずに、一歩踏み出せば、ゴールドジムがどんな雰囲気のジムか分かるでしょう。