Book Zazen

書評を中心に自分の好きなことを詰め込んだブログ、光明を失った人生について書き残しておきます。

人生の半分。

関ジャニ渋谷すばるさんが、事務所を辞め、海外で音楽を学び、その活動に専念するようだ。

 

インタビューを聴いていて印象に残った言葉は、36歳の自分について「人生残り半分と考えた時」と言っていたことだ。

 

私はすでに人生残り半分を切っている。

 

家族は大切にしてきたつもりだが、社会に貢献したり、自分で何かを獲得したということはない。それどころか、この年齢になって、どんどん大切なものを喪ってきている。

 

どこまで喪えばいいのだろう。

 

無一物になると言えば、聞こえがいいが、何も獲得せず、喪ってきただけの人生。

 

悲しいだけ。苦しいだけ。

 

また学生のアルバイト程度の給料を得るために、興味のない仕事が待っている。

 

残り半分の人生。人生が残っているから、働かなければならない。地獄のような日々。

 

喜びもなく、安らぎもない。喜びがあったとしても、いまからでは心底喜べない。

 

もう光は過ぎ去った。

 

私の時間はすでに止まっている。