Book Zazen

書評を中心に自分の好きなことを詰め込んだブログ、光明を失った人生について書き残しておきます。

ここにいるじゃないー「法令の英訳1割どまり」日経新聞 平成30年10月22日(月)

ここにいるじゃないー「法令の英訳1割どまり」日経新聞 平成30年10月22日(月)

10月22日の日経・11面法務欄に「法令の英訳1割どまり」という記事が載っていた。

www.nikkei.com

記事によると、日本政府による日本の法令(法律と政令)の翻訳事業が、10年前に始まっていたのだが、翻訳するスピードが追い付いておらず、海外企業には不満の声があるとのこと。

 

英訳された法令の人気は、ビジネス・会社法関係が上位に来ているようで、需要も多いとのこと。

 

ところが、人材の確保が難しく、対応できていないとのこと。

 

韓国は法令の英訳を6割終えているが、我が国は1割とのことだ。

 

韓国との比較は、韓国の法令数がどれくらいか示されていないので、比較としてどれくらい意味がある数値なのかは分からない(我が国は約7800とのこと)。

 

ただ、需要があるのに翻訳できていなのは、誠に残念なことである。

 

明治時代に海外の法令を継受するため、翻訳することの多かった我が国が、今度は海外に発信する立場になっている面があるのだから、頑張ってほしい。

 

というか、「英語と法律に精通する人は限られる」と書いてあるが、「精通」しているとまでは言えなくても、法学部かつ英語の勉強を継続している私がいるではないか。

 

即戦力にならない?それはそうであろうが、即戦力になるひとがいないからこうなっているのではないか。ならば、少し費用をかけても教育の機会を提供し、門戸を広げてもらいたい。

 

ここに事業の意義を理解し、やる気のある人材がいますよ。