Book Zazen

書評を中心に自分の好きなことを詰め込んだブログ、光明を失った人生について書き残しておきます。

失われた光明 詞:Jing-Ring

失われた光明 (詞 Jing-Ring)

 

膨大な時間をムダにした罪を、いま背負っている。

大事な人を喪い、お気に入りのモノも維持できず、

ただゾンビのように生きて行く日々。

 

生きているから、働かされる。

働くために生きているわけではないのに。

 

 

膨大な時を鈍感に生きてきた罪を、いま背負わされている。

息継ぎもできず 窒息するだけ

 

膨大なやさしさを無にしてきた罪を いま背負わされて生きている。

俺が悪いのか。若い時には、分かりはしなかったよ。

もう遅いんだ。責めないでくれ。

 

俺が悪いのか。もう遅い。責めないでくれ。

俺は春の光の中で窒息する。永久に痙攣をおこす。

 

十代のあの暗がりから、やっと出てきたと思ったら、

三十代でも苦しいだけ 永久に痙攣をおこすだけ

 

十代の暗がりから、やっと這い出してきたのに、

俺はいまも這いつくばっているだけ。

 

あの暗闇から、やっと出てきたばっかりなのに、

もう光は過ぎ去っていく。

 

光は俺用にはできてない。

名前を聞いたことがあるだけだ。

 かするふりをしやがった。

 

救済なんてどこにもない。

苦しいだけの人生だ。

 

もう俺を責めないでくれ。あの暗がりから、やっと這い出してきたばかりだったのに。