Book Zazen

書評を中心に自分の好きなことを詰め込んだブログ、光明を失った人生について書き残しておきます。

アメリカの思想

ブラック・ムスリム運動の指導者ルイス・ファラカーン氏、Facebookのアカウント停止ー令和元年5月4日(土)晴れ

ブラック・ムスリム運動の指導者ルイス・ファラカーン氏、Facebookのアカウント停止ー令和元年5月4日(土)晴れ 今朝の日経(3面総合欄2)を読んでいたら、フェイスブックが「過激主義者」を排除という記事が目に着いた。 日経(外部リンク):https://www.n…

アメリカの特殊部隊の献身ー映画『ゼロ・ダーク・サーティー』など

映画『ゼロ・ダーク・サーティー』や『ネイビー・シールズ:チーム6』など、アメリカの特殊部隊が、オサマ・ビン・ラディンを殺害するまでを追った映画を見た。 『ゼロ・ダーク・サーティー』は、数年前。『ネイビー・シールズ:チーム6』は、最近見た。 …

アメリカに対する「位い負け」ー中西輝政氏『アメリカ帝国衰亡論・序説』その3

(つづき) *本記事は、中西輝政氏『アメリカ帝国衰亡論・序説』を架空のインタビュー形式に直して紹介しております。(強調・赤字など紹介者による) ー今回は、日本人にとってアメリカがどういう国かを論じる訳ですが・・・。 著者:私は日本人がアメリカ人…

「覇権」の「覇」とは何かー横山光輝『項羽と劉邦』より

中西輝政氏の『アメリカ帝国衰亡論・序説』の紹介の際に、「覇権国」「覇権争い」などとよく用いられているのだが、「覇権」という言葉の意味は何だろうか。 現在の「覇権」の意味は、『広辞苑 第五版』によると、 ①武力や権謀をもって競争者を抑えて得た権…

「北朝鮮よりもずっと重大な世界秩序問題」とは?ー中西輝政氏『アメリカ帝国衰亡論・序説』 その2

前回に引き続き、本書の内容を架空のインタビュー形式に直して、紹介しております。 (赤字・強調などは紹介者が行いました。) (つづき) ー前回までで本書の目的を語っていただきましたが、今回は各章の内容を具体的に語っていただけるでしょうか。 著者…

米中共同覇権を決定的に印象づける1冊ー中西輝政氏『アメリカ帝国衰亡論・序説』

はじめに 内容 はじめに ●アメリカ一極支配から米中共同覇権の時代に突入 眼前の北朝鮮問題に捉われている間に、もっと深い層で既に進行している国際秩序の変化に目を向けるように警告するのが本書である。 トランプ就任後、すぐに買って読んだのだが、もう…

jQueryの学習始まる。Webデザイン、タワーレコードなど

Webデザイン Webデザインのコースは、jQueryまで行った。 jQueryとは、HPの写真をスライドさせたり、Webページを動的にすることための Javascriptのライブラリーのこと。 これを使えば、フォームの日付入力の際に、カレンダーを表示させるなど簡単にできるの…

勉強ノートー ウィリアム・バックレー・ジュニア『イェール大学における神と人間』の位置づけ

ウィリアム・バックレー・ジュニア『イェール大学における神と人間』の位置づけについて 会田弘継氏の見解 会田弘継氏の『追跡・アメリカの思想家たち』においてバックリーは、『ナショナル・レビュー』などの言論活動を通して、戦後アメリカにおける「保守…

副島隆彦氏の『現代アメリカ政治思想の大研究』について

副島隆彦氏の『現代アメリカ政治思想の大研究』を手に入れたのは、2006年ごろであったと思う。 「ネオコン」という言葉はよく聞いていたが、大学や書店においてアメリカの思想といえば、リベラリズムの立場を解説したものや、リベラリズムの立場から書かれた…